”ミニマリスト社会福祉士”の考えている事(仮)

実生活はミニマムでも、脳内はマキシマム 考え事は尽きることがない!

小説版“響け!ユーフォニアム”は、関西弁で話が進む。

響け!ユーフォニウム 波乱の第二楽章 後編

 

 

 

あらすじ

みぞれと希美の物語 第二弾といっても過言ではないと感じている。

みぞれは、自由曲のソロ部分が思い通りに吹けない。悩みに悩んでも、自由曲の登場人物の気持ちはわからない。そこで、特別講師の新山先生は、青い鳥の気持ちになってみたら、と助言する。

悩みに悩んでも、答えが出ない場合は、逆に考えてみようという逆転の発想は素晴らしいと感じてしまう作品です。

 

さて、数多の困難を乗り越えた北宇治高校吹奏楽部は、全国大会金賞という目標を達成できるのか?

 

それでは、皆さんご唱和ください。北宇治ファイトー。オー。

 

※映画 リズと青い鳥の原作小説になります。

 

感想

僕の心に残ったベスト3場面を紹介します

  • 生きていく意味 p.160~

麗奈との会話シーン。麗奈は、「演奏して、自分の音を誰かに届けること。それが私の生きていく意味だと思っている。」という。久美子の生きる意味は?と問いかけると、久美子は黙ってしまった。

緑輝が会話に割って入ってきて、久美子の生きる意味を聴くことができなかった。

今後の話で、久美子の生きる意味が分かることを楽しみにしています。

 

  • みぞれの覚醒 p.232~

後半のメインとなる、みぞれの覚醒シーンは外せません。映画 リズと青い鳥を先に見ていることもあり、話の流れはわかっていました。しかし、映画では描かれなかったシーンや他部員の感情が書かれており、新発見がたくさんあります。

みぞれが覚醒する演奏シーンは、リズと青い鳥の綺麗な音色が頭の中で聞こえてくる。そして、自分もその場にいるような不思議な感じになり、涙を流す部員と同じように自然と涙が出てきました。

音楽は音を楽しむって書く。涙が出るほど音楽を楽しんでいます。

 

  • 部長とマネージャーp.343~

小説のフィナーレに向けて、感動は続きます。ストーリーが進むにつれて好感度が幕上がりをしていた部長 吉川優子と物語の途中で奏者を引退して吹奏楽部のマネージャーとなった加部友恵。この二人が最後の最後で魅せてくれました。

自分たち以上に後輩たちのことを思い、成長を支える彼女たちに感動しました。

 

 

登場楽曲

リズと青い鳥

ルパン三世のテーマ

スパニッシュフィーバー

スターウォーズのテーマ

故郷の空

テキーラ

小説版“響け!ユーフォニアム”は、関西弁で話が進む。

吹奏楽スポコン小説 第二楽章~

 

響け!ユーフォニアム 波乱の第二楽章 前編を読み終えました。

 

 

あらすじ

2年生になった黄前久美子の物語。昨年、北宇治高校吹奏楽部は、全国大会出場という輝かしい成功を収めました。2年連続で全国大会出場が出来るのだろうか。

そして、今年は全国大会出場だけが目標ではないのです。新部長 吉川優子は、全国大会金賞を部員の前で提示しました。満場一致でその目標に賛成し、1年生が入部した新体制の北宇治高校吹奏楽部はスタートするのです。

しかし、低音パートの1年生やみぞれと希美問題が発生してきます。

以前当ブログで紹介した、“リズと青い鳥”の原作にもなります。

 

部内での問題は付き物です。それを乗り越えて、がんばっていきまっしょい

 

感想 

僕の心に残ったベスト3場面を紹介します。

①今年の目標

滝先生は、昨年と同様に生徒の自主性を重んじて、部員たちが目標を決めるように促します。そこで、新部長 吉川優子は、全国大会金賞という目標を黒板に記入します。昨年は、目標に対してちらほらと手をあげるだけでした。しかし、今年は、不安や迷いもなく、満場一致で優子が提示した目標に賛成します。昨年とは違う部内の雰囲気と自信、挑戦したいという意欲を読み取ることが出来、1年で成長をしたんだなと感じます。

ちなみに、アニメでは、黒板に書く時に、チョークが擦れる嫌な音がし、優子の気合が籠っているというのが伝わってくるシーンです。

 

②麗奈が久美子に対して、ソロを吹くのかと問う

麗奈の隣に立ちたい。麗奈と、対等になりたい。という久美子の心境が記されています。緑輝と葉月に誘われて、なぁなぁで入った部活だったが、麗奈との和解や、明日香先輩との出会い、全国大会出場といった経験を積んで、本気で吹奏楽に打ち込んでいる姿に久美子の成長をまた感じました。

 

③オーディション

奏は、オーディションの時に手を抜いて演奏をします。音楽室の外で終わるのを待っていた夏紀先輩と久美子は、奏の演奏に違和感を覚える。すぐに夏紀は、音楽室に乗り込み、調子が悪いという理由で奏のオーディションを中止し、後で行うよう顧問にお願いするのであった。

三人で話をする際に、奏の秘めたる思いを聞きます。奏もまた、昨年の久美子と同じように中学生の頃のトラウマを抱えていたのです。でも、ここは中学校ではなく、北宇治高校だよと話し、久美子が夏紀のおかげでトラウマを脱却できたように奏にも働きかけるのです。

小説版“響け!ユーフォニアム”は、関西弁で話が進む。

~笑顔消えない水色の悪魔たち~

 

  

あらすじ

マーチングの強豪校として「響け!ユーフォニウム」に登場している立華高校の物語です。水色の衣装を纏う吹奏楽部員たち。演奏中に飛んだり跳ねたりと激しい振り付けをしているにもかかわらず、笑顔を崩さない姿は、周りの高校から、「水色の悪魔」と恐れられている。

春、佐々木梓は、立華高校の吹奏楽部に憧れて、入学します。トロンボーンを担当している彼女に待ち受ける試練をどう解決していくのか。そして、「響け!ユーフォニウム」では、語られなかった六華高校が強豪校たる所以は何なのか。

そんな立華高校吹奏楽部の青春ストーリーが描かれています。

 

笑顔じゃなければ、立華じゃない。We love music. We enjoy music. We are Rikka!

 

これを読めば、あなたも立華高校のファンになること間違いなしです。

 

感想

 

 ①努力の天才140~

同じ楽器の志保との会話のシーン。「自分が立ち止まっている間に、他の子らはうまくなっている。悩んでいる暇があったら、その時間に練習したほうがよっぽどいい。」と語る梓。誰よりも吹奏楽に対して情熱的で本気なのかが伝わりました。彼女は努力の天才であると感じるシーンでした。

 

 ②あみかとの成長

もう一人の努力の天才の話。吹奏楽は未経験で入部してきたあみかは、他部員と比べて楽器の技術が乏しかった。そんな中、親友の梓はA編成に抜擢される。あみかは、梓と同じ舞台に立ちたいと思い、マーチングコンテストでは、カラーガードを希望した。厳しい先輩の指導をマンツーマンで受け、必死に練習に耐えていた。

ある練習の日に、先輩から「誰よりも努力する才能だけはあると思っている。」という言葉をもらう。

梓を追いかけるあみかの姿に感動し、彼女を評価してくれる理解者がいてくれている環境がよきです。

 

③ソロパートを吹く梓

未来先輩が練習中に転倒をし、骨折をしてしまう。本番に出ることができなくなった未来の代わりに、ソロパートを梓が吹くことになります。梓は、未来先輩のようになろうと必死に練習して、ストレスを抱えてしまい、本来の演奏ができなくなります。

そんな時に、未来先輩が梓に声をかけた言葉が感動します。

「私みたいにならなくていい。梓は梓のまま吹けばいい。」

「3年生で最後のコンクールになったけど、私の為に吹くよりも自分の為と思った方がいい。今後、全国大会に行ける確証はないわけだし。梓にとっても最後の全国大会になるかもしれないから。」

最後の大会をケガで出ることができなくて、悔しくて死にそうな気持になっているのに、次の時代をつくる後輩に向けて語る未来先輩がかっこよすぎます。

あと、未来先輩の空いた穴を1年生 的場太一が埋めることになり、今までそれなりにしか練習をしていなかった彼が、本気で練習に励むようになる。そんな彼の変化に心の成長を感じ、泣けてきました。

 

登場楽曲

立華高校マーチングバンドへようこそ(前編)

・シング・シング・シング

・宝島

・序曲「バラの謝肉祭」

吹奏楽のためのマーチ

・宇宙の音楽

インサイドブルー

 

立華高校マーチングバンドへようこそ(後編)

・スウィング・スウィング・スウィング

中国の不思議な役人

・デリー地方のアイルランド民謡

休日は“何でも相談”

~人は悩むために生きている~

f:id:minimum_sw:20210211102739p:plain

チャットアプリを使用して、休みの日でも“相談”に乗っています。

内容は、仕事や恋愛、家族関係などと分野は問わずで、話を聴いている状態です。人が生きている限り、悩み考えることとは、パートナーのごとく傍らに存在し続けるものだと日々思います。

直接的な解決には、繋がらないと思いますが、話を聴きます。よかったら、コメントください。

 

相談内容

借金に困っている。生活が難しくなり、都道府県や市町村でお金を借りれるところはあるか。消費者金融ブラックリストに入っているし、なるべくは利用したくない。

 

助言内容

コロナが原因によるものであれば、コロナを理由に社会福祉協議会の行う生活福祉資金貸付が対象になるのではないか。

また、役所の困窮を相談対象としているところが相談に乗ってくれる。

 

社会福祉協議会では、生活福祉資金貸付の事業を行っており、一度相談することをおすすめします。

しかし、貸し付けになるので、必ず返さないといけないものなので注意してください。

 

個人情報に気を付けていき、相談事例を載せていきたいと思います。

 

休日は“何でも相談”

~人は悩むために生きている~

 

f:id:minimum_sw:20210211102739p:plain

チャットアプリを使用して、休みの日でも“相談”に乗っています。

内容は、仕事や恋愛、家族関係などと分野は問わずで、話を聴いている状態です。人が生きている限り、悩み考えることとは、パートナーのごとく傍らに存在し続けるものだと日々思います。

直接的な解決には、繋がらないと思いますが、話を聴きます。よかったら、コメントください。

 

相談内容

親戚探し。

市役所に聞いても所在不明の人をどうやって探せばいいか?

無料で探してくれるところはあるか?

 

助言内容

市役所でもわからないことを一個人が探すことは難しい。私立の探偵事務所や興信所、弁護士等に相談するしか方法はないのではないか。ただし、それらに頼むと金銭はかかってくる。初回相談や見積もりは、無料で行っているかもしれないので、一度連絡してみると良い。

小説版“響け!ユーフォニアム”は、関西弁で話が進む。

吹奏楽スポコン小説 第三章~

 

第三章 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 を読み終えました。

 

内容

全国大会を目標に掲げた吹奏楽部の最終章です。

今回の主役は、ユーフォニアム担当の田中あすかです。この三章を読み終えると、本当の主人公は、田中あすかだったのではないかと感じてしまいます。それだけ、彼女は魅力的なキャラクターでした。

しかし、彼女の魅力を紹介するだけの話でありません。田中あすかが退部?という、吹奏楽部にとっての最大の問題が発生します。久美子たちは、この危機を乗り越えることが出来るのだろうか。

 

感想

田中あすかは特別じゃなかった

田中あすかは、部員の大半から特別だと思われていた。しかし、それは本人ではない周りの人たちが作り出した幻想であったと晴香は部員の前で話します。

第一章と二章を読んできた中で、田中あすかの言動や行動は高校生離れをしており、それが魅力的であると感じていました。でも、あすかも他の高校生と同じような悩みがあり、それに苦しんでいた。普通の高校生なんだなと思いました。

 

②久美子の感情爆発

久美子は、麗奈と香織のソロパート騒動や希美の復帰といった部活の問題に関わることが多かった。しかし、直積的に問題解決をするのではなく、傍観者として眺めるだけ。三章では、田中あすかに対して、建前ではなく本音で問題解決を図ります。姉とあすかを重ねてしまい、後悔してほしくないと強く思ってしまったからでしょう。それだけ、久美子にとって二人の存在は大きく、影響を受けているのだと思いました。

2歳も離れている先輩に向かって、勇気を振り絞って本音を語るシーンは涙を流しました。

 

③コンクール~卒業式

ラストスパートが本当に感動し、涙を流しました。

あすかの夢が叶う瞬間と曲のタイトルがわかるシーンは、響け!ユーフォニアムで1.2位を争う名場面と思っています。

 

登場楽曲

三日月の舞

イーストコーストの風景

大阪俗謡による幻想曲

A列車で行こう

シング・シング・シング

自宅訪問は“コウノトリ”🐦

~相談員が行う自宅訪問~

f:id:minimum_sw:20210303115907p:plain


 

 

自宅訪問について

相談業務を行っていると、相談者の自宅に訪問することがあります。窓口での本人の様子や家族から伝えたられた言葉だけでは、本人を理解することは難しいからです。

僕自身もですが、外出する時は、よそ行きの恰好をしますし、話し方や素振りもそれなりに構えてしまいます。どんな人でも、家の中と外とでは、違うのではないでしょうか。そのため、自宅訪問をし、家での生活を見ることで理解を深めることになります。

 

自宅訪問時のポイント

  • 知らない人が来ると拒否反応を示すことがあるため、予め家族に相談員が来ることを本人に話してもらっておく。
  • 会話から家族関係を感じ取る
  • 家族の希望だけではなく、本人の思いを聞く
  • 段差といった障害の確認
  • アセスメントシートに沿って、聞き取りと動作確認
  • 既往歴や薬の確認
  • 生活歴や趣味の聞き取り

まとめ 

自宅訪問をし、聞き取り調査をすることで、相談者を理解することが出来ます。

また、家族との何気ない会話の中に支援の糸口が見つかるかもしれないので、本人の話だけでなく、家族の発言にも耳を傾けておく必要があるかもしれません。

さらに、自宅訪問によって、相談者だけではない問題が出てくることがあります。例えば、引きこもりの息子がいるといったことなのです。そんな可能性を秘めている自宅訪問は相談員にとっての仕事を運ぶ“コウノトリ”です。

 

インプットとアウトプットをしていき、自己成長に繋げていきたいと考えています。間違いや意見、要望があればコメントに書いていただけると助かります。ご協力をお願い致します。